行政書士から拡張業務へ

基本資格行政書士を活用して代書屋からの展開

高齢者を騙さないで!

 未だ、寒い。冷たい風も、止まない。早く、暖かくなって欲しい。それでも、いつもの様に出勤して、予定の仕事を完成させて送信してホッとして、暫く、席にグッタリして座っていつものYouTubeで音楽を聞いた。 

 今日は、渋い歌が聞きたくて千昌夫「夕焼け雲」から始まって、岡林信康「山谷ブルース」、岡本真夜「TOMORROW」、ZARD「負けないで」など聞いて、後ろ髪引かれる思いでPCをシャットダウンして、マンションに戻った。

 2ケース続けて同じ様な案件が、相談としてもたらされた。最近の世相を反映している様な事件になるのでは無いか。

 地域包括支援センターから、地域の居宅介護支援センターを通じて問い合わせがあった。

 「おはようございます!一点ご教授ください。認知症診断を受けている方に対して、とあるNPO法人が身元保証人となり、自宅の売却などもおこなったケースがあります。それは私の中では無理だと思うのですが、なんらか制度があるのでしょうか?そこが家財処分もしたようです。なお、後見人はついていません。事前にそういった契約もされていません。」

 と、前段の相談があって、対応などの手立てを聞いて来た。

 原則的な回答を行った。基本的には、認知症の診断を受けた後の契約行為は、認知症の程度にもよるが、原則無効であり法に触れる行為をNPO法人が行っている恐れがある。そんな、話しをした。

 「ありがとうございます!!地域包括から連絡があり、佐藤さんにお願いする話で動いていたのですが、面談後土壇場でどこかのNPOが入ってきました。身元保証人の委任者のご本人は身寄りなしの認知症、要介護5でした。」

 そんな話しが、再現の様に翌日、今度は電話であった。身より無し、財産あり、認知症の診断あり。ここまでは同じだが、離縁した配偶者のお子さんが出て来て、ご本人からあんたにお願いすると言われた、と言って通帳と印鑑を持って行って金銭管理をしていると言う。

 地域包括支援センターもケアマネジャーも第三者であるので、納得していないが強硬に手が出せない。しかし、地域包括支援センターが調査して、ご本人の兄弟が青森県に居住していると分かった。

 ここまでの情報で、一点しか対策はない。成年後見審判申立だ。その提案を行った。

 この二人の事案を聞いて、思い出す事件があった。10年くらい前の話だ。公営住宅の自治会長が、メールして来た。自分の住まいの向かい側の独居のお婆さんの家に不審な男性数人が出入りしているので、調べて欲しいとの事だった。

 事務所に来て貰って、詳細を聞いて顧問弁護士に依頼した。調査報告が来て驚いた。戸籍を調べると、何と80歳代後半のお婆さんは、60代の男性を養子に迎えていた。それも数人だった。家系図を顧問弁護士に頂いた。そうして、亡くなった旦那さんは、司法の国家公務員だった。

 そうして、顧問弁護士の報告では、その養子となった男性の居住地を教えてくれた。プラスしてその男性は海外に何度も出国していて、幾つかの外国に不動産を所持していると聞いた。

 そうして、顧問弁護士が言うのには養子縁組は届出行為なので、市役所がおかしいと思っても何も出来ない、と言われた。

 自治会長は、最初市に相談したが何も出来ない。地域包括支援センターに相談してもおかしいとは思っても、戸籍すら調べられない、と立場の限界を言われたようだ。

 いよいよ、絞られたが異議を申し立てる出来るは利害関係人で、身寄りも居ないお婆さんの周辺に不審を抱いても、何も出来ない。お婆さんは完全な認知症で財産持ちだと情報を得て、動いた奴らはどんな奴なのだ、と思って顧問弁護士から聞いた住所地に向かった。

 その住所地には、大きめの古い長屋の様な文化住宅が建っていた。貧困者が住んでいる一角に、その奴が住んでいる。そうして、周辺の路上には、白い外車が数台駐車していた。組関係の構成員が、そのような行為を行って当事者亡くなったら、遺産相続手続きを行って財産を奪って海外に不動産を所有する。

 そういえば、顧問弁護士の作成した家系図を見ると養子の男性は複数の養子に、連続してなっていた。もう、身寄り無しの財産持ち、高齢者で認知症者を探すのが、彼らの仕事だ。決まったように、騙される。

 益々、日本の悲劇が起こる。

 今日の午前中に、大阪府への補助金申請の最終実績報告書を作成して送信した。

 午後は、銀行とコンビニで振込と支払いを行った。その間、コインランドリーに放り込んで、終わった。その帰り道、野菜の産直販売店に行って野菜を大量に購入して来た。沢山食べるぞ!


4時間に及ぶ課題対策議論

今日も失敗失敗した。昨日、非常勤行政書士が事務所に来て、依頼した相続手続きが終えた報告に来た。その際、相続人代表に、私が預かっている多額の帯封付きの札束を私が預かっているので、代表相続人に振込む事になった。現金を、それ見た額の現生を銀行に持ち込んで振込むとなったら、面倒な手続きが加わる。

 なので、私の個人預金からネットバンキングで振込みして、現生は私が受け取って100万単位で何度かに分けて自分の口座に入金んしようとお話しした。

 そんな打ち合わせを続けていて、非常勤行政書士が帰る時に、自転車移動で履いていた防寒着を事務所に忘れて帰った。自宅に着いてから、いつも脱ぐ動作に移ってから忘れたことに気づいて電話があった。

 今日の早い時間に取りに来る事になっていた。来たのが、10時15分だった。そこから、次の仕事を委託して事前情報をお話ししていた。

 電話が入った。着信名を見て、約束した事を思い出した。10時過ぎにコメダ珈琲店で、前職議員さんと待ち合わせして情報交換をする事になっていた。申し訳ないと謝罪する。その言葉を聞いて、察して非常勤行政書士が恐縮しながら帰り支度を始める。

 慌てて外出準備を始めた。急いで外に出て急ぎながら、お渡しする資料を持つ事を忘れた事に気付いた。しかし、相当な約束時間遅れているので足は急いでコメダ珈琲店に向かっていた。

 店内に入って探した。病気で引退したので、少し顔色が悪くて気になった前議員座っていたのを認めた。遅れた事を謝罪して、遅れた理由を正直に説明した。その非常勤行政書士への委託した内容を発端として話題が始まった。私の活動を何年も見て来て、病を克服しながら行政書士の勉強を始めた。大学は法学部の卒業なので、自信があった。しかし、昨年は受験したが、願い叶わず。

 それでも、益々、意欲が湧いて来たようで勉強が楽しい、と言う。知らない事を覚える、特に自分が実践して来た行政法が大きく変わって来て市民目線に降りて来た、と言う。以前は、行政が上で市民が下僕の様な存在関係で決定権は全て行政にあって、市民は異議を挟めなかった。現行改正法は不服があれば異議を申し立てる不服審査請求権があって、市民が行政を監視出来る立場に立てる様になっている、と法学部出身らしい見方を発していた。

 特に議員時代にお世話になった居住支援事業についての時間が多く占めていて、前議員も継続して独自に専門家を集めて、街づくりや空き家対策の議論を深めていると言っていた。

 その他、途切れる事なく話し合ったのが防災関連の実証実験の話だった。特に前議員は防災士の資格を有して、その知識や経験を活用して市民への防災意識を拡げる教育を行っている。ただ、私が提唱する実証実験は興味があるし実行してみたいと思うが、市役所には推進したり企画する人材がいない、と言う。

 その際には、ドローン活用する事を論じていた。そのドローンについては、相当前から関わっていて、組織の顧問を務めている。前議員で相当長い間重要な地位に就いていたので、話しが深い。現在でも。市長や副市長とも定期的に懇談していて、市民として意見を申し上げていると言う。

 街づくりにも時間を割いて、如何にして空き家対策と組み合わせ居住支援事業を核として課題解決の実効をあげるか、各方面からアイデアを出して、ブラッシングアップした。介護保険制度や自立支援制度など、その実効性についても、自由な議論を交わした。

 相当長時間話し合って、一息ついて

 「何か、これ以外で気になる案件がありますか。」

 と、聞かれて

 「やはり、以前からお話しして、私の所有していて重要な国策として実行したいと厚生労働省に繋いで頂き国の基金を使わせて頂く方向になったのに、申請する市が動かず実現出来なかった認知症の問題ですね。」

 特に、認知症サポーターなどの実効的な活動も提供も出来ない講座を受講する事で済ますような事で終わらせる危険性をお話しした。認知症対策を放置していると、国を滅ぼすと言われている。

 そうして、この時初めて時間を確認した。何と、2時33分の文字が見えて驚いた。4時間以上座ってお話ししていた。慌てて立ち上がって、拘縮していた体の筋肉を伸ばした。

 会計を終えて、次回の情報共有時期を約束して私は階下に降りた。グルメコーナーでコージーコーナーに立ち寄った。ケーキを6個買って帰宅して今日の活動は終わった。



多くの財産を探し出した成年被後見初回の報告

 今日はしなければならない仕事が有るので、邪魔されたく無い。それは、時間的にと精神的なふたつの面からだ。なので、終日事務所にて執務をする覚悟で、ルーティンワークの後7時頃から取り掛かった。

 成年後見初回報告書で、昨年12月に一度提出した。しかし、財産が多く監督人が選任されていて、肌が合わない。礼を尽くして遠方までご挨拶に行って打ち合わせしたのに、ルール通りにしたく無いと、本来は監督人を通じて家庭裁判所に提出する報告書を、自分は不要だから直接家庭裁判所に提出してくれと言う。

 初回だけでは無く、提起報告書もそうだと言う。そんなバカな、と思ったが相手は家庭裁判所とも繋がりの濃い法律専門家なので、渋々受け入れた。初回報告書を家庭裁判所に提出した。しかし、家庭裁判所から連絡があって成年後見監督人を通すように言われた。

 それに対して、法律専門家に言われた通り処理したと返事をする。それじゃ、という訳で家庭裁判所が成年後見監督人へ指示したので、成年後見監督人からの電話で決められた通りの手続きを踏む事になった。

 その際、事務報告書を添付する様にと成年後見監督人が、ルール外の事を言い出した。それは、1年単位の定期報告書の時で、仙人されてから一月経過後の初回は財産目録と収支計画書だけで良いとなっている筈だ。そう言っても聞かない。

 ここで、言われた請求書や領収書の類が成年被後見人の状態が悪化していて、配達されるそれらの封書が保管されていない。結局、収集は選任された12月からしか無い。なので、振替口座から収支を導き出した。

 やっと収集した領収書などから、ある筈の通帳が見当たらないのが分かった。二つの銀行に後見人の立場で口座調査を依頼して4通見つかって再発行して貰った。残高が2000万円以上確認された。その手続きだけでも。結構な日数を要した。

 その間、成年後見監督人が、何度も電話をして来る。催促だ。家庭裁判所が早く出せと言って来ると言うのだ。自分が余分な事を言って、スムーズに行く事を阻害して、当方には当方の理由があって、終われている仕事もあるのだが。そんな事を言っても理解してくれる様な人ではない。それでも、今日には終わらせたかった。

 そんな時の電話は、困ってしまう。ミャンマー人材育成会社の日本支社社長から昨日に続いて電話があった。いつも自分勝手に要望して来るだけで、自分の利益しか考えていないので、発信者名を見ただけで、不愉快な思いをしていた。今回は、会社を作りたいので定款を見本でくれと言う。専門家に頼まないで自分で作って見たい、と調子のいい事を言って来た。

私の会社の定款をFAXして欲しいと言われて昨日送った。

 その送ったものを基本に、定款を作ったので見てくれる、と言って推敲を頼んで来た。殆ど、当社と同じでその上で私に完成までさせて、何が自分で作るだ。毎回電話が来ても忙しく手が空かないと言っているのに、都合の悪い時には耳が悪くなる。

 見てくれたか、と言って来たので、忙しいので見ていないと返事して、どうせ公正証書とする必要があるし、公証役場に行く様に説明した。理解ができた様で、近々、行くと言っていた。

 午前中は。ちょっとした邪魔が入ったが、一心にやったが未だ先の事になったので、昼食が食べたら終わらない、と三輪さんに連絡した。その後、コピーの紙詰まりが発生した。大量の連続コピーする際の紙詰まりだった。ガラス上に置く1枚1枚コピーするには差し支え無い不思議なトラブルなのだ。

 トラブル信号で、コーピーメーカーのシャープから電話が掛かって来た。症状を聞いて直ぐに修理へ向かうと、技術員から電話が入って時間調整して、2時間後に来る事になった。

 その直後に、三輪さんがおにぎり🍙を持って来てくれた。美味しい鰻おにぎりを頂いて元気もりもりになって、業務再開する。目処が見えて来て少し緩めて気持ちを楽にした。

 収支計画書の元データを作るのが大変だった。殆どが、振替や引き落としだってので通帳に記録されていた。その通帳も、新たに発見した通帳だった。通帳に無い振込なので、自分が担当した12月からのものしか無い。経費分はデータの期間によってアンバランスなのだが仕方がない。

 やっと午後3時になって、家庭裁判所の示す様式に記録始めた。そこに、また、ちんにゅう電話が入って来た。登録されている名前を見るだけで、ウンザリする人物だ。先日から始まった、債務不履行を1年も続けていた、私が自腹で債務一括返済を始めた元凶の奥さんだった。先週、今年度の未払い住民税を支払いを終えたが、通知を見て見ないとはっきりした事が分からないが、10万円の返還がなされると言う。

 その10万円から幾らかくれと言うのが趣旨だった。もし。私が立て替えて支払った金額から戻って来るとしたら、立て替えてた金から数万円あげたらおかしいだろう、と思ったが口に出さず返還されてから趣旨を確認して返事する事にした。

 もう少しで終わり、と言う時間に今度も嫌なディーラーから電話だ。営業も頻繁で、お世話になる事が多く、その時も含めた営業トークが多いので、嫌になっている。

 午後3時半に終えた。PDF処理をして、成年後見監督人宛に送信して完遂する。一休みしてから、スーパー銭湯に向かった。疲れを癒してから、初めてスーパー銭湯のグルメコーナーで食事した。私は、宇和島の鯛茶漬けを頂いた。分量が多過ぎたのに、追加の一品を注文してお腹が一杯になって、苦しんだ挙句、腹痛に襲われてしまった。

 三輪さんの運転で、緊急帰宅してトイレに飛び込んだ。そうして、グッタリして眠りについた。